屈強なリマーク戦士(ITスクール)の条件とは(その3)

皆様、おはようございます。
いつも閲覧ありがとうございます。

さて本日は屈強なリマーク戦士の条件とは
(その3)です。

デザイン系の展覧会では普通、出展者は自分の
作品の出展、出展準備及び出展のエントリーを
すれば大抵は間に合います。

しかし、リマークの学内展覧会では、
そこが違います。なぜなのか?

まず出展料、普通は無料ですが、
この学内展覧会は1人5000円とります。

展覧会の主催者は人手(スタッフ)を集めるために
いろいろな行動をします。
そう、出展者にもスタッフとして会の
手伝いをしてもらいたいのです。

展覧会の準備が始まる時にメールで出展予定者に
飲み会の案内を出します。
そしてそれにつられて出展予定者が飲み会に来ます。

そして、数日後、出展予定者にこういうメールが来ます。
この前の飲み会に参加した者は
スタッフとして働くように!!!!!

当然、出展予定者からは
「そんなつもりで飲み会に出たつもりはない」と
言ってきます。

しぶしぶスタッフとして働くことに応じた出展予定者は
準備期間中、学校の授業が終わる夜7時から作業を
開始し、なんと日によっては徹夜になる場合もあった。

それでもスタッフとして参加しない出展予定者を
脅迫?して参加させる方法は以下の通りでした。

ステップ1
メールで「こんなことではプロをして
やっていかれないのでは」と書いて脅迫する。

ステップ2
学校の有力な出展経験者がメールで
「過去に出展した者は今回も参加すること」と
書いて脅迫する。

ステップ3
スタッフとして出れば、展覧会のスポンサーの目に
留まり、今後の就職・転職や次の展覧会の出展に
有利になる、と諭す。

ステップ4
一緒にスタッフとして働いた同僚は
今後の人脈として生かされると諭す。

このような伝言は、いつもメールで行われた。
実のところ、出展予定者は前回の157人の
半分強の81人しか集まらなかった。
偉大な会長のメンツを潰してしまった。

それと会の運営方針が準備期間中、コロコロ変わり、
関係者が情報収集するのに苦労した。

何とか無事に展覧会が終了したのだが、
その時の展覧会の主催者は、学校から厳しく指摘
されたのか、会終了の数ヵ月後、関連のHP、
メーリングリストを削除してしまった。

そのため、その後、その主催者がどういう活動を
していたのか分からない時期があった。

最後までご覧いただきまして、
本当にありがとうございました。

屈強なリマーク(ITスクール)戦士の条件とは(その2)

皆様、いつもブログを閲覧していただき、
本当にありがとうございます。

いつも私のブログを閲覧している読者が
いらっしゃるのであれば、神様とは言わなくても
本当に誇りに思います。ありがとうございます。

本日は屈強なリマーク戦士の条件とは(その2)を
お話します。

契約書に割印の欄があって、複数枚の書類を並べて、
2枚にまたがるようにハンコを押した人も
いるでしょう。

なぜ、割印が大事なのか?

これは、悪意ある者が意図的に契約書を差し替えても
割印が押してあれば、後で机の上に契約書を並べて
ハンコが一致するか確認すれば差し替えられているか
どうかが分かるのです。

しかし、銀行や商社、証券会社などに勤めている方以外は
割印の意味を知らない方が以外と多いです。

私もリマークに来るまでは実は知りませんでした。
何で割印の意味を知ったのか?

リマークのオンデマンドといって、パソコンの画面から
学びたい箇所を選んで授業を受ける学習があったのですが、
そこで割印の意味を知りました。

講師の方から
「技術系でも割印の意味を知っていなければ、
ダメじゃないか!!!!!」


文字通りのダメ出しをされてしまいました。

どうやって、割印を知らない社会人を減らせるのか?

STEP1
社員研修で使う書類の中で割印の存在を書く。

STEP2
割印の意味について書く。

複数枚の書類がある場合、
悪意的に差し替えられても、書類を並べて
ハンコがズレていれば、その箇所は
おかしいとなる。

割印の存在と意味を教えれば、
割印を知らない社会人を簡単に減らせる

リマークの偉大な会長:岡保眞氏は考えている。

社員研修でお辞儀の仕方とか挨拶の仕方は
勿論、大事であるが、そういうことに時間を
裂き過ぎて、実は重要な事を教えていないのでは
と私は考えます。

最後までご覧いただきまして、
本当にありがとうございました。

屈強なリマーク(ITスクール)戦士の条件とは

皆様、GWが終わりました。
いかがお過ごしでしょうか。

いつも私のブログを閲覧していただき、
本当に感謝しています。

さて、私が通っていたリマーク(ITスクール)は、
なぜ、有力な生徒を輩出できたのか?

私のプロフィールには、
IT資格取得実績が書いてあるが、
しかし、

これ位の実績の人材はリマークでは、
河原(かわら)の砂利のようにゴロゴロと
多く人材が転がっている。

そう、信濃川か利根川の砂利のようにだ。

デザイン系では展覧会での入賞は当たり前。

IT系は資格3つ(トリプルクラウン)や
資格4つ(カルテットクラウン)はゴロゴロいて、
岡保眞会長にとっては驚くに値しないのだ。

俺の所で正しく学べば、この位の結果は
当たり前だと思っているからだ。


どうやって結果を残せる時間管理をするのか?
昼食時間は予定されていない。
「君たちには昼食をとっている時間的余裕は
無いはずだ。」という考え方だからだ。

朝食をとった後は、夕方まで、ぶっ通しなのだ。
午前中で上がった集中力を昼食で切りたくない
という考え方なのだ。

私は昼食抜きで最初は苦しかったが、
資格試験の時には、この経験は役に立った。

特に12時ちょうどに試験開始の場合には
この経験は強く、試験中に空腹感が無く、
試験をしのぐことが出来た。

.comMasterの試験だった。
無事に合格して証書を手にすることが出来た。

しかし、会社勤務の場合、昼食抜きでいるのは
やはり、変な目で見られる。
だから、そこの兼ね合いをどうするかは難しい。

どこかの宗教ではないが、時期構わずに
ラ○ダンをやっているようなものである。

ここでは、夕方以降の食事は自由である。
仕事の後、同僚と酒場で一杯でも差し支え無い。
食事のとり方の難しさを感じてしまう。

最後までご覧いただきまして、
本当にありがとうございました。