鉄道の人身事故を減らす究極の方法。

皆様、大変ご無沙汰しておりました。
それでも、今回私のブログを閲覧していただけるのは、
非常にありがたいことです。感謝しています。

鉄道の人身事故を減らす究極の方法を話します。

現代社会が厳しいせいなのか、
人身事故が非常に多いです。

鉄道会社もホームドアを設置したり、
道路と鉄道の境は鉄柵を設けたり、
高架化して踏切を無くしたり、
涙ぐましい努力はしています。

設備の整備にお金をかけています。
それでも、人身事故は無くなりません。
下手をすると裁判で鉄道会社が
賠償請求される場合があります。

どうするのか?

興味のある方『だけ』を対象に
このレポートを公開したいと思います。

興味のある方は、下記から
このレポートを手に入れておいて下さい。

https://ssl.form-mailer.jp/fms/53524317304354

何卒よろしくお願いします。

最後までご覧いただきまして、
本当にありがとうございました。

鉄道

智頭急行線特急増強案

皆様、いつも閲覧していただき、
ありがとうございます。

さて、本日は智頭急行線特急の
増強案の話をします。

今後、乗客数が増加した場合の対策が必要です。
対策出来ない場合は、本来指定席を取りたいのに
指定席が足りず、入るはずの料金が入らなくなります。

現在、智頭急行線(上郡-智頭)の特急には、
京都-鳥取・倉吉にスーパー「はくと」7往復、
岡山-鳥取にスーパー「いなば」6往復が
運行されています。

私が考える対策は、こうです。

JR西日本のキハ187系20両を増備して、
京都か新大阪-鳥取の特急
スーパー「はくと」を5往復増発する。

増発分のスーパー「はくと」は
2両×2ユニットの4両編成とする。

上郡で、岡山-鳥取の特急
スーパー「いなば」2~11号(2両編成)と
分割・併合する。

智頭急行持ちHOT7000系気動車で、
運用の現行スーパー「はくと」が停車しない
神戸、相生を停車駅とする。

これで特急スーパー「はくと」は7往復から12往復
(智頭急行持ち7往復、JR西日本持ち5往復)
となる。

なお、JR西日本持ちのキハ187系は、
グリーン車は付いていない。
智頭急行持ちはグリーン車は1両の半分ある。
(半室グリーン車という。)

スーパー「いなば」の上郡-鳥取は、
スーパー「はくと」編成を併結する。
2両→6両に増強されて、一石二鳥である。

なお、岡山で寝台特急サンライズ瀬戸・出雲に
接続するスーパー「いなば」1・12号については、
スーパー「はくと」編成4両分を増結する。

全区間6両編成で運用して、
更なる着席サービスを図る。

話が外れるが、更に鳥取方面の特急を増発する場合、
播但線(姫路-和田山)経由の特急「はまかぜ」
(大阪発着)を3往復とも鳥取延長
(現行は1往復が鳥取発着)も考えられる。

そこまで鳥取へ行く乗客数が見込めるかどうかは
分からない。

最後までご覧いただき、
本当にありがとうございました。

鉄道

今後、本当に北越急行線の特急を残こしたいのならば。

皆様、おはようございます。
GWも終盤ですが、いかがお過ごしでしょうか。
いつも私のブログを閲覧していただきまして、
本当に感謝しています。

さて、来春、北陸新幹線が金沢へ延伸されて、
北陸地区の特急網が変化することが予想される。
勿論、北越急行線特急の去就も注目される。

今後、本当に北越急行線の特急を残したいのならば、
現行の「北越」(新潟-金沢)と
「はくたか」(越後湯沢-金沢・和倉温泉・福井)を
北陸新幹線金沢延伸後に統合する。

使用車種は681・683系、編成は基本6両、
付属3両の9両編成とする。

運転区間は主に新潟・越後湯沢-金沢とする。
直江津で編成を分割・併合し、基本編成は新潟発着、
付属編成は越後湯沢発着とする。
和倉温泉、福井への延長運転は引き続き行う。

つまり、統合後の「北越」は引き続き、
北陸都市間連絡の任務を担う特急として運用される。

最後までご覧いただきまして、
本当にありがとうございました。

鉄道

北陸本線完全直流電化案

皆様、お元気でしょうか。
いつも私のブログの閲覧ありがとうございます。
本当に感謝しています。

さて、北陸新幹線金沢開業も近い時期になりました。
今後、北陸本線(JR西日本)はどうなるのか?

現在、北陸本線は直流電化と交流電化区間が
混在しています。米原-直江津のうち、

直流電化区間(1500ボルト)は、
米原-敦賀・南今庄と糸魚川・梶屋敷-直江津です。

交流電化区間(60ヘルツ・2万ボルト)は、
敦賀・南今庄-糸魚川・梶屋敷です。

敦賀と南今庄との間にデッドセクションという
交直切り替え地点があり、同様に
糸魚川・梶屋敷との間にも交直切り替え地点が
あります。

電車は交直両用の電車を使用しています。
この電車は直流専用と比べると製作費は高価です。

対策は?

そこで北陸本線を徐々にでも良いので、
電化方式を完全直流化にするのです。

そうすれば今後、直流専用電車で
間にあうし、車両製作費も安く済む。

勿論、既存の電車は交直両用ですので、
そのまま走行が可能です。

ほかには何がメリットなのか?
今後はJR西日本から第3セクターに運営が
移管される区間が出てきます。

引き継ぎ会社は、どうしても経費を
削減したいと考えます。

場合によっては首都圏、近畿圏から安い中古の
直流専用電車を購入して運用することも
考えられます。

富山地方鉄道が、この要領で中古の電車を
入手して運用しています。

最後までご覧いただきまして
本当にありがとうございました。

鉄道

大袈裟に表現される列車がある。

皆様、毎度ブログを閲覧していただき
本当にありがとうございます。

GWも中盤に入りましたが、
いかがお過ごしでしょうか?

さて、本日は大袈裟に表現される列車についての話です。

乗客に良いイメージを与えるために、
大袈裟に表現して列車を売り込む場合があります。

過去の主な例は以下の通りです。

「はやぶさ」といえば、現在は東北新幹線の
愛称ですが、そうではなくて寝台特急時代の話です。

初期の寝台特急はやぶさの運転区間は主に
東京-西鹿児島(現鹿児島中央)でした。

昭和43年に何と博多止まりにしていた付属編成を
長崎まで伸ばし、運転区間を東京-西鹿児島・長崎
に変更になりました。

長崎へ行く客が増えたこともあったかもしれませんが、
はやぶさの雄大性を表現できるような運転区間でした。

寝台特急きりしま

昭和45年に電化区間が西鹿児島まで
完成したのを機に583系電車による
寝台特急が設定されました。

新大阪発西鹿児島行でも客扱いに影響ないのですが、
走行距離が惜しくも1000キロに満たないです。

運転区間を京都-西鹿児島にして、
「初の1000キロを超える区間を走る電車特急」
というふうにこの列車を宣伝しました。

雷鳥からサンダーバード

主に大阪-富山に運行されている特急は昔は
雷鳥で旧国鉄型の485・489・583系で
運用されていました。

のちに485系電車を時速10キロアップの
最高時速130キロ出せる列車を
「スーパー雷鳥」としました。

何と運転区間を
大阪-和倉温泉・立山(または宇奈月温泉)
と変化し、多角化しました。

その後、新型車両の681・683系に置き換えて
「サンダーバード」に進化しました。
現在は国鉄型車両が一掃されてしまったため、
全て「サンダーバード」です。

どういうふうに大袈裟に列車を表現するのか?

STEP1
列車の運転区間を延長したり、編成の一部を別の行き先にして
「雄大性」を引き出す。

STEP2
上記の雷鳥→スーパー雷鳥→サンダーバード、といった具合に
段階的に列車の愛称を良いものに変えていく。

今後もSTEP1、2で記述したように大袈裟に
表現される列車が出てくる可能性があります。

本日は最後までご覧いただきまして
本当にありがとうございました。

鉄道

長い間使用していない列車名

皆様、こんにちは。
GWをいかがお過ごしでしょうか。
いつも私のブログを閲覧していただきまして、
本当に感謝しています。

さて、今日は長い間使用していない
列車名の話をします。
急行「フェニックス」です。

宮崎-大分-小倉-博多-熊本-西鹿児島(当時)と
九州をほぼ循環する急行列車でした。
昭和49年に上記の全区間が交流電化されましたが、
電車化されず、気動車のままでした。

なぜ気動車のままだったのか?

翌年、新幹線が博多まで延伸した時に、
並走する山陽本線の特急で使用する
特急用電車(485系)が余剰になります。

その車両を使用して、特急に格上げする
ことが想定されていました。だから、
1年間、気動車で間に合わせていたのです。

昭和50年の新幹線博多開業で、
小倉か博多で系統分割した上で、
電車特急「有明」「にちりん」に格上げされて、
「フェニックス」の愛称は消えました。

私は、特急「にちりん」に振子式電車が投入された時に、
「フェニックス」の愛称が使われるのではと思いました。
実際は、音速を表す「ソニック」が選ばれました。

現在の日豊本線の特急列車の運転系統は、
主に博多・小倉-大分、大分・延岡-宮崎空港、
宮崎-鹿児島中央と分断されています。

それでも博多-宮崎空港を直通する特急も運行されています。
「フェニックス」の愛称を使うならば、この列車です。

九州の特急列車の愛称は鳥の名前が多いです。
「つばめ」「かもめ」など、「フェニックス」の愛称も
近いうちに使って欲しいです。

他にも「ひばり」「おおとり」など過去に使用しながら、
現在、お蔵入りしている愛称は少なくありません。
新幹線の延伸で列車系統が整理されて、
必然的に使う愛称が少なくなってしまうことは否めません。

なぜ、過去に使用されていながら、
現在お蔵入りの愛称が出てしまうのか?
原因はこうです。

STEP1
昔は、特急、急行、準急、快速と細かく列車種別が
定められていたので、その分、使用する愛称も多かった。

しかし、今では、ほとんど特急か快速で準急は消滅、
急行も指折りしか本数がありません。
必然的に使用する愛称が減ります。

STEP2
昔は、同じ区間・種別(特急なら特急)の列車が
何本もある場合、列車ごとに別の愛称がついていた。

しかし、その後、例えば「ひばり5号」とか
「第2富士」というふうに第〇とか×号と表示されて
使用する愛称が減っていった。

STEP3
新幹線網の整備により、列車の運転系統が整理されて、
自動的に使用する愛称が減った。

JR側は列車名を決める時に迷った場合は、
「過去帳」からひもといて決める場合があります。

最後までご覧いただきまして、
本当にありがとうございます。

鉄道

筑豊本線経由の意味は?

皆様、ブログの閲覧ありがとうございます。
本当に感謝しています。

さて、旧国鉄時代の時刻表で大阪発筑豊本線経由
(折尾-直方-飯塚-原田)

佐世保行の列車がありました。

そこで問題です。
女の子に「筑豊本線経由ってどういう意味なの?」
と聞かれた場合、鉄道マニアの模範解答はこうです。
「博多は通りません。」

その女の子は多分「冗談じゃない!」と言うかもしれません。
当時、直方、飯塚といった炭鉱都市を無視するわけには
いきませんので、筑豊本線経由の列車が存在したわけです。

それだけ、当時は炭鉱事業が盛んだったということです。

筑豊本線経由の列車設定には条件があります。

条件1
電車、電気機関車はダメ。

当然、当時は筑豊本線は全線非電化ですし、
現在も西側の桂川-原田は非電化です。

だから、列車設定には気動車かディーゼル機関車で
設定されます。

条件2
筑豊本線内に冷水峠が控えている。

冷水峠があるため、佐世保へ行くには、実は、
博多経由よりも近道なのに列車の所要時間が
余分にかかってしまいます。

だから、勾配分も考慮しなければならない。

今では昔よりも列車の運転系統が整理されていますが、
奇々怪々な列車が国鉄時代には多く存在していました。
利用客は乗り間違いしないように気を使ったものです。

最後まで読んでいただきまして、
本当にありがとうございました。

鉄道

カシオペア用E26系はどうなる。

皆様、こんばんは。
いつもブログを閲覧していただきまして、
本当に感謝しています。

さて、近年、夜行列車の削減が叫ばれています。
現在、寝台特急カシオペアは上野-札幌を
1日片道1本運行されています。

なぜ1日片道1本なのか?
カシオペア用E26系寝台客車は1編成しか
ないからです。

だから、1日に上下1本づつという
運行は出来ないのです。
最低2編成あれば、これは可能です。

同じ区間を走行する寝台特急「北斗星」を
もっとデラックスにした列車です。

E26系寝台客車は1999年に
1編成だけ製造されました。
寝台客車としては、他の客車よりも
製造年数は新しいです。

廃車するには、まだ早過ぎます。
普通は製造から30~40年で廃車です。
今後、どうなるのか?

私としては、こうすれば良いと思う。
JR東日本で、JR九州の「ななつぼし」に相当する
観光名所各地を巡るクルージング列車に
使用すれば良いのではと思う。

あとは、車両整備にかかる費用だけです。

最後までご覧いただきまして、
本当にありがとうございました。

鉄道

鉄道は○○施設の一環です。

皆様、まもなく年度末が終わります。
いかがお過ごしでしょうか。

さて、今月14日(金)始発を持って、
特急「あけぼの」が廃止になってしまいました。

最近は廃止・廃線の話になると、鉄道マニアが群がり、
マナーを逸脱した行動が問題になります。

今後、上記の問題が生じると考えられる1番近い事は、
5月11日(日)の江差線(JR北海道)廃線でしょう。

でも、海外でも日本での行動が通用するとは限りません。

国によっては鉄道は軍事施設の
一環です。

そうです。国によっては、

鉄道職員は軍人に準ずるか同じ権限を与えられている場合があります。

海外でも日本でしたようなバカはしゃぎ(失礼)を
した場合、逮捕・拘束もあるということを
認識しておいて間違いありません。
私も認識しておきます。

日本でも、上記の事が、いずれ有り得るよ。
えっ、どういうこと?

将来、日本が「国防日本」になれば、こうなるでしょうし、
現行でも自衛隊権限の解釈の仕方でこうなるかも知れません。

気を付ける項目は以下の通りです。

項目1
みだりに許可なく写真を撮らない。
国によっては、鉄道は軍事施設の一環です。
それを撮影してしまうのは、スパイ行為です。

駅員などの関係者の許可を得て撮影すれば、
問題ありません。

項目2
みだりに鉄道周辺をウロウロしない。
これも不信行為やスパイ行為と思われれば、
逮捕・拘束は勿論考えられます。

あまり変な行為は慎みましょう。

どちらにしろ、鉄道マニアの節度ある態度で
周囲の印象は変わります。

心して臨みましょう。

最後までご覧いただきまして、
本当にありがとうございました。

鉄道

IC運賃の下1ケタが1~4の場合、自動券売機で買い!!!

皆様、三連休どうだったでしょうか?

最近はブログ更新の頻度が下がったのに
アクセスが増えており、読者がついてきたと、
感謝しております。

今後も応援よろしくお願いします。

私は最近3年3ヶ月ぶりにJRの時刻表を買いました。
なぜ、長い間、買わなかったのか?

東日本大震災で鉄道のダイヤが全般的に
乱れたので、買いませんでした。

被災者から見ると時刻表買わずに済んだ分、
お金募金しろよ!!!という声が飛びそうです。
確かにそうですし、私も心苦しく感じます。

4月から消費増税で8パーセント(80パーミル)になります。
買った時刻表で運賃表を確認しました。

ICカード(Suicaなど)の普及は進んできています。
自動券売機で購入した場合は、10円単位の反応なので、
10円未満は四捨五入です。

ICカードで購入した場合の運賃が下1ケタの数字に注目しましょう。

IC運賃の下1ケタが1~4の場合、
自動券売機で買いです。

下1ケタが0の場合は、どちらでもOK。
下1ケタが5~9の場合は、ICカードが得です。

ただし、JR東日本で、

「山手線内」
「東京の電車特定区間」
「特定区間(東京地区)」の場合は、

自動券売機での運賃は、
10円未満切り上げなので、
ICカードで買いです。

下1ケタが0の場合は、どちらでもOK。

その方が安く切符が買えるのです。

それと、別件でもう1つ。
例えば、広島から長崎へ行く場合、
新幹線で博多まで来て、それから長崎へは在来線の
特急「かもめ」へ乗り換えて行くと思います。

過去の常識ですと、博多―長崎の特急料金は新幹線からの
乗り継ぎ割引で半額になっていました。

しかし、
現在では博多での乗り換えは
特急料金の割引は適応されません。

これには、私は非常に驚きました。
知らない方も多いと思うので九州へ行く方は、注意しましょう。

最後までご覧いただきまして、
本当にありがとうございました。

鉄道