パラリンピックだ!!!


いつも私のブログを閲覧していただきまして、
本当に感謝しています。

日本全国の町内会国民の方々、お元気でしょうか?
あの忌まわしい3.11から3年が経過し、
日本の復興はこれからしていかなければなりません。

さて、パラリンピックの季節がやってきました。
メダル獲得の選手がいて本当に自分のことでなくても
選手達が頼もしく感じます。
日頃の鍛錬の結果と受け止めます。

科学の進化で障碍者が健常者になれるような
時代が早く来ないかと感じます。

6年前の北京五輪の時、当時の五輪コンパニオンの女性に
日本の男性記者が取材している場面がテレビのニュースで
放送されていた。

その内容は、

日本の男性記者:「オリンピックが終わったら、どうされるんですか?」
女性コンパニオン:「パラリンピックがありますから。」

その後、日本の男性記者の質問が
途切れてしまったのが残念であります。
「パラリンピックの後、どうされるのか?」と、
もっと深く突っ込んだ質問をして欲しかった。

多分、中国の女性コンパニオンは、
「日本の男は自分のクビのことを
いつも気にしているキモの小さい人だねぇ
」と
上から目線で見ていたかもしれない。

では、私が考える「パラリンピック後は、どうされるのか?」の予想は、
全員とは言わないし、彼女自身が確定しない限り言わないと思うが、
多分、将来有望な男性と見合いして(政略もありか!!!)
結婚する(した)のではないかと思う。

北京の時に限らず、他の五輪・パラリンピックでも、そうだろう。
こんなキモの小さい質問にならないためには
終身雇用は一種の安全保障だろう。
このままでは日本男子はダメになってしまう。

最後までご覧いただきまして、
本当にありがとうございました。

コメントを残す