IC運賃の下1ケタが1~4の場合、自動券売機で買い!!!


皆様、三連休どうだったでしょうか?

最近はブログ更新の頻度が下がったのに
アクセスが増えており、読者がついてきたと、
感謝しております。

今後も応援よろしくお願いします。

私は最近3年3ヶ月ぶりにJRの時刻表を買いました。
なぜ、長い間、買わなかったのか?

東日本大震災で鉄道のダイヤが全般的に
乱れたので、買いませんでした。

被災者から見ると時刻表買わずに済んだ分、
お金募金しろよ!!!という声が飛びそうです。
確かにそうですし、私も心苦しく感じます。

4月から消費増税で8パーセント(80パーミル)になります。
買った時刻表で運賃表を確認しました。

ICカード(Suicaなど)の普及は進んできています。
自動券売機で購入した場合は、10円単位の反応なので、
10円未満は四捨五入です。

ICカードで購入した場合の運賃が下1ケタの数字に注目しましょう。

IC運賃の下1ケタが1~4の場合、
自動券売機で買いです。

下1ケタが0の場合は、どちらでもOK。
下1ケタが5~9の場合は、ICカードが得です。

ただし、JR東日本で、

「山手線内」
「東京の電車特定区間」
「特定区間(東京地区)」の場合は、

自動券売機での運賃は、
10円未満切り上げなので、
ICカードで買いです。

下1ケタが0の場合は、どちらでもOK。

その方が安く切符が買えるのです。

それと、別件でもう1つ。
例えば、広島から長崎へ行く場合、
新幹線で博多まで来て、それから長崎へは在来線の
特急「かもめ」へ乗り換えて行くと思います。

過去の常識ですと、博多―長崎の特急料金は新幹線からの
乗り継ぎ割引で半額になっていました。

しかし、
現在では博多での乗り換えは
特急料金の割引は適応されません。

これには、私は非常に驚きました。
知らない方も多いと思うので九州へ行く方は、注意しましょう。

最後までご覧いただきまして、
本当にありがとうございました。

コメントを残す