筑豊本線経由の意味は?


皆様、ブログの閲覧ありがとうございます。
本当に感謝しています。

さて、旧国鉄時代の時刻表で大阪発筑豊本線経由
(折尾-直方-飯塚-原田)

佐世保行の列車がありました。

そこで問題です。
女の子に「筑豊本線経由ってどういう意味なの?」
と聞かれた場合、鉄道マニアの模範解答はこうです。
「博多は通りません。」

その女の子は多分「冗談じゃない!」と言うかもしれません。
当時、直方、飯塚といった炭鉱都市を無視するわけには
いきませんので、筑豊本線経由の列車が存在したわけです。

それだけ、当時は炭鉱事業が盛んだったということです。

筑豊本線経由の列車設定には条件があります。

条件1
電車、電気機関車はダメ。

当然、当時は筑豊本線は全線非電化ですし、
現在も西側の桂川-原田は非電化です。

だから、列車設定には気動車かディーゼル機関車で
設定されます。

条件2
筑豊本線内に冷水峠が控えている。

冷水峠があるため、佐世保へ行くには、実は、
博多経由よりも近道なのに列車の所要時間が
余分にかかってしまいます。

だから、勾配分も考慮しなければならない。

今では昔よりも列車の運転系統が整理されていますが、
奇々怪々な列車が国鉄時代には多く存在していました。
利用客は乗り間違いしないように気を使ったものです。

最後まで読んでいただきまして、
本当にありがとうございました。

コメントを残す