通度寺で慎ましく春の訪れ告げる梅の花=韓国


当サイトは自動ブログ作成システムSMACで構築中。

二十四節気の雨水となる19日が過ぎたが世の中はまだ冬だ。冷たい風の中で春の便りを伝えるのはやはり梅だ。慶尚南道梁山(キョンサンナムド・ヤンサン)の通度寺(トンドサ)の紅梅・白梅がこのころになると巡礼者を呼び集める。寺の境内は静かで花の香りにくらりとする。(中央SUNDAY第467号)