街角アンケで「許せる」が7割超も 経歴詐称「ショーンK」に同情論相次ぐ


当サイトは自動ブログ作成システムSMACで構築中。

 学歴や経歴の詐称疑惑を週刊文春に指摘され、活動自粛を発表した「ショーンK」こと経営コンサルタントのショーン・マクアードル川上氏(47)について、テレビ番組などで同情論に近い声が相次いでいる。詐称そのものについては批判しながらも、実力についてもっと評価してもいいとする声だ。

 街角アンケートでも、経歴詐称を「許せる」と答えた人の割合が7割を超えており、コメンテーターとしての手腕を評価する声は比較的多い。

■テリー伊藤「サンジャポだったら続けられたのに」

 川上氏は2016年3月19日夜放送のラジオ番組に録音メッセージを寄せ、「お詫びの言葉も見つかりません。ただただ、心から申し訳なく思っています」と謝罪していた。翌20日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS)でもこのメッセージが紹介され、出演者から発言が相次いだ。

 テリー伊藤氏(66)が

  「イケメンだしかっこいいしね、気さくなお兄さん、って感じがするんですよ。だから、多少の詐称だったら、サンジャポだったらそのままずっと続けられたのに」

と冗談交じりに話し、爆笑問題の2人も

  「コメンテーターとして残された道はサンジャポしかない」(大田光氏)

  「サンジャポ、来週からでも全然」(田中裕二氏)

と応じた。デーブ・スペクター氏(61)は、

  「(川上氏は)意見の中に英語のキーワードを使う。あれは発音が完璧」

  「DJをJ-WAVEの大変に人気ある番組でやっていた。色々な社長と対談したりして、テレビの出演は割と自然にスライドしただけ」

とやや川上氏に同情的だ。西川史子氏(44)は、

  「ただ声がいい人、として出てくればよかった」

と話した。

厚切りジェイソン「実力で人を判断する仕組みを」

 「ワイドナショー」(フジテレビ)では、厚切りジェイソン氏(29)が

  「うそをつくのは良くないが、実力があるのであれば、そういうコメントができるのであれば、それは認められておかしくないと思う。日本では学歴がないと、そういう報道番組とかに出られないとかはある」

  「うそをついてはいけないが、実力で人を判断する仕組みになってほしい」

と持論を展開。川上氏と親交があるという元NHKアナウンサーの堀潤氏(38)は、文春報道の前後に川上氏から

  「記事が出ちゃうかも知れない。みんなを驚かせるかも知れない。こめんね」

  「しばらく休んで、また新しいことを始めたい」

などと連絡があったことを明かし、

  「週刊文春の報道などあって、その先にいったい何を求めているんだ、というのはある」

と、川上氏への行き過ぎた批判に対する違和感をにじませた。

1/2ページ