北陸新幹線敦賀以西、ルート選定調査「半年必要」…石井国交相


当サイトは自動ブログ作成システムSMACで構築中。

石井啓一国土交通相は3月18日の閣議後会見で、北陸新幹線の敦賀以西ルートについて「調査を行うとすれば、調査着手から概ね半年程度は必要だ」との考えを示した。

北陸新幹線の敦賀~大阪間のルートについては、与党の検討委員会で(1)敦賀~京都間は3ルートに絞り込む、(2)京都~大阪間は今後議論を継続する、との結論に至っていた。

3ルートの選定のための調査では、各ルートの事業費、所要時間、輸送需要の見通し、収支採算性などを検証することになる。

石井国交相は「早期にという要請もあるが、しっかりした結果を出さなければいけないので、それを勘案して対応していきたい」と述べた。

《レスポンス レスポンス編集部》