大ヒンシュクを買った私の北越論


私のブログを閲覧していただいている方々、こんばんわ。
さて、今日は、今まで私が出した鉄道の案で
1番ヒンシュクを買った「北越論」を論じます。

さて、来年春には北陸新幹線がいよいよ金沢まで開業します。
とりあえず、新型E7系が今春東京-長野を暫定使用されます。

金沢開業後には、主に越後湯沢-金沢を走行する
特急「はくたか」は廃止され、681・683系電車の
去就が注目されるところです。

私の案では、北陸新幹線開業後も北陸都市間移動に
特急北越は必要と考え、はくたかのスジ(ダイヤ)・
車両を引き継ぎ、現在新潟-金沢5往復のところ、
本数増発、福井や和倉温泉延長と案を出しました。

周囲の反応は、大ヒンシュクで北越は不要で、
金沢から新潟へ行きたい客は
新上越(仮称)で新幹線を降りて快速くびき野で
新潟へ行けばいいんだ。
とか

北越用の681・683系の車両基地はどこが持つのか?
第3セクターか?JR西日本が持つ訳無いだろう。

あげくのはては、
「あんたも北越を485系から681・683系に
置き換えるのが好きだね。」

と言われてしまった。

そんなことをおっしゃるのならば、もっと極端なことを書こう。
北越急行線への乗り入れは、北越により今後も継続する。
金沢発の北越の場合、681・683系9両編成の
新潟寄り付属3両を直江津で基本6両から切り離し、
越後湯沢へ直行させる。

またヒンシュク買うかな????

最後までご覧いただき
本当にありがとうございました。

コメントを残す