ようこそ

数多くあるブログの中から、

このブログをご訪問いただき

誠にありがとうございます。

あなたとの出会いに感謝いたします。

初めての方は



実は列車名には表現の自由は無い。

私のブログを閲覧している全世界の皆様、
お元気でしょうか?

さて、本日は列車名についての話をします。
日本の旧植民地を走行していた優等列車には、
「あじあ」「大陸」「興亜」がありました。

しかし、戦後、上記の列車名は平和日本に
そぐわないとして事実上使用禁止となりました。

もちろん、「国粋」「神風」「弾丸」もダメですし、
出雲大社の「大社」はOKでも、「靖国」はダメです。

気象状況では、「しおかぜ」「南風」は良くても、
「雪崩」「竜巻」「津波」は理解されないでしょう。

この前、このブログで485系「なは」について書きました。
これも本当はダメかも知れなかったのです。
なぜ?
「アメリカ様のご機嫌を
損なっていたかも
知れないんだよぉ~~
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

九州新幹線の愛称募集の際、「尖閣(諸島)」なんて書こうものなら、
「どこかの国から不審艦
(注:不審船ではない)が来たら、
お前書いた責任取ってくれるのかぁ~~
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

となるわけです。

列車名がどうだとダメなのか?

STEP1
戦争絡みや領土問題で、
他国を刺激する恐れがあるもの。

STEP2
住民感情を害する恐れがあるもの。
前述の「雪崩」「竜巻」「津波」は住民に被害を
及ぼすので、やはりダメです。

だから、列車名選ぶ時は、慎重にということです。

最後までご覧いただきまして、
本当にありがとうございました。

鉄道

雪をうまく利用したい。

皆様、お元気でしょうか?
ケガは無いでしょうか?

私のブログを閲覧していただき、
本当に感謝しています。

さて、大雪が残っていますが、
何とか利用して、
水道代を節約できないものかと
せこいことを考えております。


最後までご覧いただきまして、
本当にありがとうございました。

485系特急「なは」

皆様、大雪の後で足元大丈夫でしょうか?

さて、今日は485系特急「なは」の話をします。
485系電車は直流と交流50・60Hzの電化区間を
自由に走行できるため「走る変電所」と呼ばれています。

特急「なは」は昭和43年に「かもめ」の鹿児島編成を
改称して大阪-西鹿児島(現:鹿児島中央)を走行しました。
当時は、キハ82系という気動車で運用されていました。
沖縄の県庁所在地の那覇からきています。

沖縄返還を願って名付けられ、大阪-小倉は宮崎行の
特急「日向」を併結していました。
「なは」は「走る領土問題」といった感じでしょう。

昭和45年に西鹿児島まで電化が完了しましたが、
非電化区間を走行する「日向」を併結していたので、
昭和48年の分離運転まで、キハ82系が使用されていました。
分離運転後は485系電車に置き換えられました。

なお、昭和47年から48年の1年間、「なは」が
日本で1番長距離を走る気動車特急であったことは
あまり知られていません。

昭和50年の山陽新幹線博多開業で「なは」は
昼行特急としての役割は終わり、同区間の
寝台電車特急(583系)として再登場しました。

平成16年の九州新幹線部分開業で熊本止まりになっても
「なは」の愛称は残り、結局平成20年に廃止になりました。

そこで、私はJR九州が新幹線の愛称募集のサイトを見て、
迷わず「なは」と書いて投票しました。なぜなら
「つばめ」は速ければいいが、
「なは」は長距離列車で
なければならないからです。

しかし、残念ながら投票の結果、「さくら」が採用され
「なは」はベスト10にも入れませんでした。
もう「なは」の愛称を使う機会は無いでしょう。

余談ですが、「富士」はリニアの愛称で使うつもりで
現在、使用されていないとされています。
今後どうなるのか、もっと年月が必要です。

最後までご覧いただきまして、
本当にありがとうございました。

鉄道

ルービックミラーブロックスの攻略法

皆様こんにちは、お元気でしょうか。
いつもブログを閲覧していただき、
本当に感謝しています。

さて、昨日はルービックキューブに
ついて書きました。
今日は、近年販売されたミラーブロックス
について書きます。

私も買って最初はキューブの段差に面食らい、
なかなか出来ませんでした。しかし、
普通のルービックキューブと同じ要領ですれば
段差を無くした立方体に仕上げることが出来ます。

やはり、一番の攻略法の早道は
普通のルービックキューブで
6面完成の基礎作りをすることです。

アマゾンで買いたい人は、こちら

そして、攻略法のサイトは、こちら

まずは、取り急ぎ参考まで。

最後までご覧いただきまして、
本当にありがとうございました。

ルービックキューブのシール貼り替えについて

皆様、こんにちは。
2、3日バタバタしてしまい、
失敬してしまいました。すみません。

いつも私のブログを閲覧していただき、
本当に感謝しています。

さて、根強い人気があるルービックキューブ。
私も実は好きで、平均50秒位で6面完成するスキルです。

この業界を知らない人は「50秒は、速いじゃないですか」
という声が出そうです。
大会に出場できる最低レベルは、
大抵平均1分以内となっています。

だから、50秒レベルは大会に出場は出来ても、
入賞は難しいでしょう。

ルービックキューブを使用しているうちに
シールが劣化してしまいます。

シールの貼り替えには、文房具屋か
電気屋で販売しているビニールテープとか
絶縁テープを購入して使用しています。

1.5センチ四方に切って、
キューブに貼り付けています。

キューブの達人が見た場合、
「もっといい方法があるよ」という
意見もあると思います。

それと、白地の真ん中のキューブにある
マークはどうするのか?
という素朴な疑問もあると思います。

マークは、何とも出来ないです。
貼り替え用のシールはアマゾンなど
ネットショッピングで販売していますが、
価格はビニールテープの方が安いです。

最後までご覧いただきまして、
本当にありがとうございました。

烏山線に蓄電池車

ブログ閲覧者の皆様、
いつもありがとうございます。

本当は、もう少しアクセス数が増えていけば
良いのですが、私の不徳のいたすところで、
もっとここは努力します。

先程、昼のニュースで見ましたが、
いよいよ烏山線にも、
蓄電池車が実用化されます。

電化区間である東北本線宇都宮-宝積寺は
パンダグラフで架線から電気を供給し、
非電化の烏山線では、蓄電池の電気で走行します。

宝積寺発着の列車でも宝積寺駅構内の
架線から電気を供給するものと見られます。

活性化から乏しかった烏山線でも
いよいよ近代化の波が
やってきて乗ってみたい気がします。

今後も蓄電池車は製造されると思います。
経費をかけて架線を張らなくても
経済的に列車の運行が出来るからです。

最後までご覧いただきまして、
本当にありがとうございました。

鉄道

実は私も銅メダリスト

いつも私のブログを閲覧していただきまして、
本当に感謝しています。

さて、ソチ冬季五輪まで10日と迫りました。
各選手達の最終調整にも気迫が感じられます。

さて、実は私も12年前のこの時期に
ある試験を受けて銅メダルを獲得しています。
「えっ、それは何なの?」
UML技術者認定制度ブロンズレベルに合格しました。

当時、このIT資格は、
インターネットのWEBサイト上で
無料で何回でも受験できて、

60分以内に30問中24問以上
正解すれば合格でした。

なおシルバーレベル以上は、
1回受験してしまうと、
次は半年受験できませんでした。

試験前に何回も試験対策用のテキストを読んで、
試験に臨みました。

難しかったですが、
何とか合格できた時には、自分がスキルアップを
果たしたという達成感で一杯でした。

現在のUML試験は試験会場での試験に切り替わったため、
自宅で受験というわけにはいかなくなりました。

試験内容も難しくなり、受験料を徴収されるようになったため
以前よりも手軽に受験できなくなりました。残念です。

最後までご覧いただきまして、
本当にありがとうございました。

資格

電車の中で己の身長を高く見せる方法。

皆様、こんばんわ。
いつも私のブログを閲覧していただきまして、
本当に感謝しています。

今日は、電車の中で己の身長を高く見せる方法
を述べます。

別に厚底靴を履いたり、頭の中にシリコンを入れたり、
そんなことしなくても、タネもシカケもありません。

それは、吊革を吊っているバー(横棒)を
手でつかんでしまうことです。

原始的ですが、
これで周囲から自分の背が高く見えます。

トンネルの高さが低い路線は
必然的に車両の天井が低くなるので、
バーの高さも低くなります。
そういう路線が狙い目です。

具体的には横浜市営地下鉄
グリーンラインが該当します。

両手でバーを握っている姿は、
痴漢とかスリの疑いはありませんが、
ズボンのポケットに財布を入れておくと
スラれやすくなります。

注意が必要です。

最後までご覧いただきまして、
本当にありがとうございました。

身長

8年余りも食品工場で契約してもらえるのか。

いつも私のブログを閲覧していただきまして、
本当に感謝しています。

昨日のニュースを見た。
そのニュースは言うまでもない。

半年ごとに契約の更新が行われたようだが、
何と8年余りも契約社員として勤めさせて
もらっていたのは、驚きである。

これ以上書くと「お前に批判できるのか」
厳しい言葉が、飛びかねないので、
ここまでにしておくが、

以前にも、このブログで書いた通り、
人権踏みにじりに感じる。

他に正社員でもないのに
8年も契約してもらえる人はいるのだろうか?
よっぽど世渡りの上手な人がいるんだろうな!


最後までご覧いただきまして、
本当にありがとうございました。

雇用

ディズニーランドで絶対に必要な物

私のブログを閲覧していただいている方々、こんにちは。
「お客様は神様です。」という言葉がありますが、
私としては、「我に力を!!!」という感じです。
応援よろしくお願いします。

日本国民の多くが行った経験がある
東京ディズニーランド。

私もついこの前までは恥ずかしながら
行ったことがなかった。
ようやく1回行って、ディズニーを体験してきた。
そして、絶対に持参しなければならない物に気が付いた。

それは手袋である。偶然コートのポケットに私の手袋が入っていた。
カヌーを漕いだり、木馬やメリーゴーランドでバーを握る時など、
やはり、手袋が夏でも必要だと感じた。

「えっ?夏でも手袋必要なのですか?」
そう、汗で手が滑る可能性があるから暑くても冬より必要です。

他、3D眼鏡を会場で借りてアニメを見た。
水しぶきが上がる時に私の手の皮膚に水分を感じた。
テレビでは現在ニオイまでは表現出来ない。しかし、

この時に近い将来、テレビでニオイが表現出来る日が
来るのではと感じました。
まだテレビの進化に「のびしろ」はあります。

未来を感じながらディズニーを後にしました。

最後までご覧いただきまして、
本当にありがとうございました。