ようこそ

数多くあるブログの中から、

このブログをご訪問いただき

誠にありがとうございます。

あなたとの出会いに感謝いたします。

初めての方は



鉄道会社が不祥事を起こした場合は・・・

私のブログを閲覧していただいている皆様、
いつもありがとうございます。

どういうふうに検索して私のブログを見つけているのか
分かりませんが、今後もよろしくお願います。

さて、最近はニュースで、ある鉄道会社の不祥事が
浮彫になり、鉄道ファンとしては誠に残念な限りです。

もし日本が軍事国家であれば、
不祥事を起こした職員を横に並べて、
陸軍軍人が順番に歯が飛ぶ程、
真剣にビンタをしていただろう。

それもそうだろう。鉄道が不通になって、
戦地に届くべきはずの軍事物資や援軍用の兵隊が
届かなくなって戦争に負ければ、敵軍に殺されるか、
惨めな捕虜になるか想像すればゾッとする。

だが、叩いた方も叩かれた方も得はしない。
えっ、どういう事?誰が得をするの?

歯が飛べば、歯医者が治療費入るから得するんだよ!
このことは認識しておかなければならない。

最後までご覧いただき
本当にありがとうございます。

鉄道

郵便配達員との話

私のブログを閲覧していただきまして、
本当に感謝しています。

最近、自宅に郵便書留が私宛に届いた。
自宅のベルが鳴ったので、玄関を出た。
郵便配達員が書留を持って、
「ハンコをお願いします。」と言った。

以上は他の家でもありがちな平凡な光景である。
しかしだ、私が渡したハンコを郵便配達員は
寒くて手がかじかんだのか、なんとコンクリートの
地面の上に落としてしまったのだ。


私は、さすがにハンコが割れたと思い、
思わず声をあげてしまった。

幸い割れずに済んだが、手続きが終わると、
その郵便配達員は、そそくさと逃げるように
バイクに乗ってどこか行ってしまった。

さて、第三者からすれば、声をあげた私が大人気ないと
思うかも知れない。反省している。しかし、

私が配達員で誰かの結婚指輪を落として、
ダイヤモンドを壊してしまった場合、
果たしてそんなことが言えるか?

多分、男女を問わず
「私の大事な結婚指輪どうしてくれるのよ」
とばかりに、私の顔目がけて鉄拳が飛ぶだろう。

私が「いてぇー、安倍総理助けて!!!!」
いや安倍総理が天皇陛下と言っても、
100パーセントいや、このブログでは1000パーミル
私が悪いことになってしまう。

逆に私が配達員を叩けば、
傷害事件として警察に通報されるだろう。
私の人権は、やはり踏みにじられている。

この文章を読んで不愉快に感じる方がいると思うが、
これが現実である。

この文章に対する批判コメントも私としては、
私に対する人権侵害と考えております。

批判コメント元が分かり次第、状況によっては
本人を強制尋問するなど検討させていただきます。
ご理解下さい。

最後までご覧いただきまして、
本当にありがとうございました。

郵便

赤いシェルパ:EF71交流電気機関車

皆様、いつも閲覧して頂き感謝しています。

峠のシェルパと言えば、横川-軽井沢間の
碓氷峠(66.7パーミル)のEF63(重連)
の方が、EF71よりも過酷な運用なので、
EF63の方を指すことが多いです。

だから、ここでは、赤いシェルパ
と言った方が正しいのです。

交流専用電気機関車は、
車体が赤色が多いからです。

なお、直流専用は青色で、
交直流両用は赤っぽいピンク色です。

昭和43年の奥羽本線山形電化の際に
板谷峠対策としてデビューし、
平成4年の山形新幹線開業まで活躍しました。

38パーミルの板谷峠ではハイパワーのEF71は、
実力を発揮しましたが、山形(ミニ)新幹線開業で、
レールの幅が広げられる(1067→1435ミリ)と、
何と失業してしまいました。

転用先として、東北本線の奥中山付近や
奥羽本線の矢立峠付近の勾配対策が考えられたが、
ハイパワー機のため、「電気を喰う」
として交流専用機の標準型と言えるED75で
間に合わされてしまいました。

誠に不運な機関車と言えますが、
節電が叫ばれている現在では、
EF71の廃車は、仕方が無い判断と言えます。

最後までご覧いただき
本当にありがとうございました。

鉄道

「きずな」を使う列車

私のブログをいつも閲覧していただきまして
本当に感謝しています。

秋田新幹線の新型車両E6系の投入が進み、
列車名は「スーパーこまち」となった。

でも、私はE6系投入による

新しい列車名は「きずな」
になると思っていた。

特に上り列車で盛岡駅で「はやぶさ」と併結されて
東京方面へ向かう時に、
「はやぶさ」とは連結器で「きずな」
と結ばれていると感じるからだ。

それと震災以降、
東北地区で「きずな」という言葉は定着しているから
列車名で使用するのは、やはり秋田新幹線だと思う。

最後までご覧いただき、
本当にありがとうございました。

鉄道

大ヒンシュクを買った私の北越論

私のブログを閲覧していただいている方々、こんばんわ。
さて、今日は、今まで私が出した鉄道の案で
1番ヒンシュクを買った「北越論」を論じます。

さて、来年春には北陸新幹線がいよいよ金沢まで開業します。
とりあえず、新型E7系が今春東京-長野を暫定使用されます。

金沢開業後には、主に越後湯沢-金沢を走行する
特急「はくたか」は廃止され、681・683系電車の
去就が注目されるところです。

私の案では、北陸新幹線開業後も北陸都市間移動に
特急北越は必要と考え、はくたかのスジ(ダイヤ)・
車両を引き継ぎ、現在新潟-金沢5往復のところ、
本数増発、福井や和倉温泉延長と案を出しました。

周囲の反応は、大ヒンシュクで北越は不要で、
金沢から新潟へ行きたい客は
新上越(仮称)で新幹線を降りて快速くびき野で
新潟へ行けばいいんだ。
とか

北越用の681・683系の車両基地はどこが持つのか?
第3セクターか?JR西日本が持つ訳無いだろう。

あげくのはては、
「あんたも北越を485系から681・683系に
置き換えるのが好きだね。」

と言われてしまった。

そんなことをおっしゃるのならば、もっと極端なことを書こう。
北越急行線への乗り入れは、北越により今後も継続する。
金沢発の北越の場合、681・683系9両編成の
新潟寄り付属3両を直江津で基本6両から切り離し、
越後湯沢へ直行させる。

またヒンシュク買うかな????

最後までご覧いただき
本当にありがとうございました。

鉄道

フリーゲージいなほ

いつも閲覧して下さり、本当にありがとうございます。

スペインでは当たり前になっているフリーゲージトレイン。
しかし、日本では残念ながら試験段階である。

レールの幅が違っていても、自由に走行できる利点がある。
しかし、どう考えても山形・秋田新幹線用の車両よりも
車両製造コストがかかってしまう。

日本でもし、フリーゲージトレインが実現した場合、
真っ先に投入される最右翼が羽越本線・
白新線(新潟-秋田)だ。

E8系(仮称)7両編成で
列車名は
「フリーゲージいなほ」(仮称)。

私の予想だと、東京から上越新幹線で、
はやて型E2系10両編成の新潟寄りに
E8系が連結される。

新潟でE2系(E2系は新潟止まり)を切り離し、
新潟付近の在来線乗り入れでレールの幅が
1435ミリから1067ミリに変わる
渡り線で車両も車輪の幅を変えて走行する。

多分、酒田発着の「いなほ」が多いだろう。
それでも、上下1本は秋田発着の「いなほ」があるだろう。

他の投入路線と言ったら、主に伯備線の岡山-出雲市とか、
長崎絡みが挙げられる。

日本の鉄道界では克服しなければならない技術であるが、
実用化まで何年かかるやら?

それでも、国の事情とはいえ、
スペインが出来るのだから
日本も出来ると信じている。
技術者の粋に期待したい。

最後までご覧いただき本当にありがとうございました。

鉄道

485系1500番台とは用途違いを意味する。

皆様、いつもブログを閲覧していただき、

本当にありがとうございます。

昭和50年代前半、札幌-旭川の

特急「いしかり」で使用された

特急用交直流両用電車

485系1500番台。

北海道に渡る前は、特急白鳥(大阪-青森)で

テスト走行していた。

いざ、北海道へ渡り使用されると

冬の寒さ・大雪には耐えられず、

運休を余儀なくされる。

本州でのテスト走行は、長距離耐久ではなく、

耐寒耐雪でなければならなかったのだ。

文字通りの用途違いであった。

それでも、1編成で1日に札幌-旭川(136.8キロ)を

3.5往復する運用だったので、単純計算で

136.8×2×3.5=957.6キロ/日で

意外に長距離を走っている。

特急いしかりの利用者や関係者は、

「電化区間が交流50Hzしか走行しないのに、

この電車は直流や交流60Hzも

走行できる機能がついている。

車両製作費のムダ遣いでないのか?」

もし、職場で鉄道マニアの社員が

「485系1500番台」と言われた場合、

それは用途違いを意味する。

悪い意味で言われているので要注意である。

最後までご覧いただきまして、

本当にありがとうございました。

485系1500番台

昭和55年10月国鉄ダイヤ改正で

北海道から本州に戻されて

上野-仙台特急「ひばり」に使用された

485系1500番台先頭車。

頭上の2つライトが大きな特徴。

筆者撮影:上野駅にて。

鉄道

サンライズ出雲は廃止できない。

私のブログを閲覧していただき
本当にありがとうございます。

特に週末、縁結びを願い、出雲大社へ向かう
女性客が多いので、『女子会列車』
呼ばれているサンライズ出雲。

使用車両は285系電車7両編成の
寝台特急用の電車である。

同じく285系7両編成を使用している
サンライズ瀬戸と東京-岡山間を併結しており、
都合14両の威容を見せている。

今後、サンライズ出雲は、乗客の増加を考慮して、
現行7両のところ9両に編成を増強した方が良い。
編成長である。

編成長の都合からサンライズ瀬戸と分離して
単独運転になるのではないかと思う。

分離運転しないと、ホームに車両が
はみ出てしまうのだ。

JRでは、近年相次ぐ夜行列車の廃止で淋しい限りだが、
このサンライズ出雲の廃止は、まずいだろう。

編成長による、サンライズ瀬戸との分離運転や
運転時刻の変更は容認できても、

もし、JRが廃止を発表してしまったら、女性客から、
「私の縁結びはどうしてくれるのよ!!!!!!」と
超ド級の苦情が飛ぶ事は間違いない。
彼女達も必死なのだ。

併結相手のサンライズ瀬戸も同じことが言える。
四国へ行く乗客だけでなく、岡山から新幹線で
更に西へ行くビジネスマンにも重宝している。

やはり、サンライズ瀬戸も9両に編成を
伸ばすことも検討に入れた方が良さそうだ。

現在285系電車は7両編成が5本あるので、
9両編成化するのに、2両×5本=10両の
新製が必要である。

後は、現在中止している上郡停車を復活させ、
智頭急行線の特急で鳥取方面へのアクセスを
図ることも必要だろう。

最後までご覧いただき
本当にありがとうございました。

鉄道

電子マネーでの買い物の話2

いつも私のブログを閲覧していただきまして、
本当にありがとうございます。

ある日、あるコンビニで買い物をした。
会計の際、レジでクレジット・電子マネー一体型の
あるカードを出した。

私は、電子マネーで引き落としされたものだと
思っていた。

しかし、後で、その時のレシートを見ると、
何とクレジット扱いで引き落とされている。
あれだけ「電子マネーでお願いします。」と言ったのに!!!


しかし、昨日も私のブログで書いたが、
レジ係からすれば、こういう事情があるのだ。

クレジット払いの方が扱いやすいのだ。

クレジット・電子マネー一体型のカードで
支払いをすれば、
上記のような行き違いがあり得るのだ。

カードを使うからには、注意が必要である。

最後までご覧いただきまして、
本当にありがとうございました。

電子マネーでの買い物の話

いつも私のブログを閲覧していただきまして、
本当に感謝しています。

ある日、あるスーパーで食料品の買い物をした。
レジでANAのエディ(電子マネー)のカードを出して、
会計を済ませようとした。

しかし、レジ担当がカードを機械に通しても、
反応しない。

原因は、私が出したカードをレジ担当が
ANAのクレジットカードだと思って、
クレジット払いの操作をしたのだ。

確かにカードのデザインが紛らわしいので、
誤解が出るのだ。

ついに私の口から、松岡修造風に
「エディ、エディ、エディ、エディ、
楽天エディ!!!!!」と叫んだ。

やっとレジ担当が理解できたようで、
その後、無事に会計処理が終了した。
しかし、2分時間を無駄にした。

全般的にレジ担当の電子マネーの処理が下手くそだ。
逆の立場だと客がクレジットカードか商品券
出してくれた方が、捌き易いそうだ。

まあ、もっともアメブロで楽天エディを連呼して
宣伝していると思われても仕方が無い。
するなら他のブログでやれと言われそうだ。

最後までご覧いただきまして、
本当にありがとうございました。